NNT速報

   

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昔のタモリってどんな感じだったの?下積み生活なしで突然テレビに現れたんだろ?

1:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/15(木) 17:02:53.52 ID:N4byqDnw0

タモリから赤塚不二夫へ〈私も、あなたの数多くの作品の一つです〉。あれは弔辞のパロディだった『大弔辞』

結婚披露宴で祝辞を詠んだことのある人はかなりいると思うが、葬儀で弔辞を詠んだことがあるという人は案外少ないのではないか。
個人的に、弔辞はそれなりに功成り名遂げた人に対して詠まれるものというイメージがあるし(そうでもないのかもしれないが)、故人とよっぽど親しかったとしても、
二つ返事で引き受ける人もあまりいないように思う。最近、その名も『大弔辞――先輩、友、後輩へ綴られた最後の愛の手紙』という本を上梓した演出家で編集者の高平哲郎
(かつては構成作家として「今夜は最高!」や「笑っていいとも!」などといったテレビ番組にも携わった)の場合、仕事を通じて多くの著名人とつきあいがあるものの弔辞を詠んだのはただ一度だけだという。
そもそも高平はそれまでにも後輩や友人や先輩の弔辞を頼まれることがあったがすべて断り、その代わりに葬儀を仕切る役で故人との関係を貫くことにしてきたというのだ。
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20111209/E1323351655464.html


≫ Read More

スポンサーサイト

| 芸能 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。