NNT速報

   

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

科学の面白い話、怖い話とか貼ろうぜ!

科学の面白い話、怖い話とか貼ろうぜ!
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 14:05:34.67 ID:vOWgyP3r0
旧ソ連で、生物は首だけで生存できるかという実験を行っていた
http://www.youtube.com/watch?v=rSrIkUXwsNk&feature=player_embedded





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 14:18:25.87 ID:vOWgyP3r0
純粋な水は超危険



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:03:14.67 ID:rJoYwevx0
>>2
kwsk



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:43:45.49 ID:SCwoY/Pe0
>>2
それ確か嘘だぞ



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:55:27.83 ID:v5jmbgrCO
>>3
超純水で検索してみれば幸せになるよ



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:21:53.51 ID:YINMm/Cj0
>>85
wikipediaで見たら別に危険とは書いてなかったぞ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:27:45.27 ID:CVbnza+FO
幽霊=プラズマ
プラズマは実在する
つまり幽霊は実在する



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:29:50.24 ID:YH2KHLoVO
飛行機が飛ぶ原理は解明されていない



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:34:47.73 ID:lR6U1bDjO
結構前に「真空管に触ったら体中が穴だらけになった少年がいる」って話を見たんだがだれかkwsk



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:41:51.06 ID:JC8+HehO0
もう太陽の寿命は半分まできてる



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:43:54.90 ID:NwPnLBmCO
>>17
残り半分が何十億年ですけどね



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:42:42.32 ID:ECMYwtx+0
ナトリウムをカッターナイフで切る楽しさ。
それを水を張ったビーカーに放り込む楽しさ。

やっぱ理科の実験って楽しいよな。



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:45:57.45 ID:W8dgKkbOO
>>18
サクッて感じが良いよなw

カブトムシをラジコンで操るとか



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:49:48.33 ID:IqxJ4KMtO
>>18
ナトリウムを水切りの要領で水面上に投げつけると魔人剣



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:42:55.73 ID:6GQ1D/AQO
おっぱいより肺のほうが揉みごたえがいいらしい



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:42:55.73 ID:6GQ1D/AQO
おっぱいより肺のほうが揉みごたえがいいらしい



275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:39:31.31 ID:IoBF2UHu0
>>19
っほっほう。
マジならソース希望



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:44:56.48 ID:XtR/iiSQ0
生身の人間が宇宙空間に投げ出されたらどうなるか って動画きもちわるかった・・・
久しぶりにグロを見た



389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:22:12.01 ID:Jc5D05GcO
>>22
kwsk



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:48:08.70 ID:a4AEGWzO0
1Mジャンプできるノミを人の大きさにしても
やっぱりジャンプ高は1メートル



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:49:20.75 ID:ngwdJdG60
地球には年間数万個の隕石が降り注いでいるが、人類が事前に発見できるのは数%に過ぎない。
今年10月8日にインドネシア高度上空で広島型原爆数個分の爆発が観測されたが、それは直径10mほどの隕石によるものとされている。
もし直径が2,3倍大きかったら広島型の数十倍の核兵器を地上近くでもろに喰らうことになり未曾有の大惨事となっていた。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:52:49.24 ID:5AmXb1KKO
スカイフィッシュの正体はハエ



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:55:35.07 ID:W8dgKkbOO
>>30
マジで??



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 15:58:47.74 ID:6MJUBCZyO
1400種類あった人間のY染色体が全人類で45種類しかなくなってる
突然変異でY染色体が無くなっていけば男は絶滅する



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:02:04.05 ID:bp/MmjRg0
>>33
それなんてBLUEDROP?



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:43:34.72 ID:XoHMtE5qO
>>33>>45
なにそれこわい



623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:00:03.08 ID:V/lEWqOj0
>>610
定説って言うか痛切程度だろうけどさ

前から考えてたんだが>>33は弩の生物にも起こりうり、かつ種としての寿命だと考えられないだろうか
だとすれば、一定以上反映した生物は外的要因がなくとも滅びるのかも



630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:04:05.21 ID:RwaSwWMEP
>>623
Yが無くなればXO型の生物になるだけじゃね?



646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:10:54.72 ID:V/lEWqOj0
>>630
つまりなんとかなるんですね

まあそうだよな



649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:12:31.66 ID:PgBG6VSz0
>>630
XO型はターナー症候群という病名で性染色体異常の遺伝疾患として実際にある
Yが無くなったら単純にXX型の女性だけになって人類終わるんじゃね?って言ってるんだと思う



785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 12:11:30.39 ID:jlMFNqgZ0
>>623
そういえば最近こんなもんがあったよ
どうするお前ら
ttp://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121201000052.html



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:07:09.57 ID:baGUOgWD0
DNAの97%は無意味



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:07:52.49 ID:a4AEGWzO0
懐中電灯を太陽に向け、電球の位置に紙を置くと、紙が燃える



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:08:52.18 ID:XJpsHX1K0
人間の寿命を3倍延ばす薬は知ってる。

細胞分裂を繰り返すから老けるのであって、それの進行抑える薬なんだと。
でも、それは表向きには「生まれながらにして4倍も早く老化する病気」の
人だけにしか使えない事になってる。
もしかしたらトップレベルの裕福そうは使っているかもしれないが。



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:16:20.93 ID:W8dgKkbOO
>>42
ケガとか治るの遅くなりそうだなwww

>>45
どでかいブラックホールじゃあないのか?



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:24:24.18 ID:XJpsHX1K0
>>46
そうまさにその通り。
細胞分裂の進行を抑えるって事は怪我が治りにくくなる。
それ以外にも副作用はあるだろけどね。
でも、表立ってこの研究を進めてるのを言いたくないんだろ。
逆に細胞分裂のスピードを速める薬もあるらしいぞ。

これは簡単で「生まれ持って4倍も早く歳をとる病気」の人のDNAから
作ったんだとか。



712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 03:39:50.91 ID:QH8m1gPMO
>>42
亀だけどマジか
俺が生きてる間に開発されて飲んでみたいわ
一日でも長く生きて世界がどんな風になるか見届けたい



715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 03:43:48.68 ID:v89ueQZr0
そういう薬って脳細胞の減少も抑えられるんだろうか。
もし体だけだったら脳の寿命が140歳だかそこらだからあまり意味なさそうではあるな。
>>712みたいに一日でもっていう人には割と意味あるかもしれんが。



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:10:06.74 ID:X0yJwiBM0
細胞分裂が1/3になるってことか?
健常者が使ったら弊害がありそうだけど誰か教えて



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:10:06.74 ID:X0yJwiBM0
細胞分裂が1/3になるってことか?
健常者が使ったら弊害がありそうだけど誰か教えて



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:12:51.82 ID:v5jmbgrCO
代謝を66%遅らせるって事?



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:13:40.12 ID:n7/LrY4lO
既知の宇宙空間に存在するあらゆる天体が深宇宙20゚、ケンタウルス座の方角に600km/sで引き寄せられている
事象の地平面の遥か彼方に何かとてつもないものが存在している



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:42:42.74 ID:1wZw8tlyO
>>45
1300超光年規模の大暗黒壁だっけ

フォトニックフラクタルだれかくわしく



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:25:18.00 ID:bRaDaBc9O
人には鼓動を打つ回数に限りがあり鼓動が早い人ほど短命になる



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:27:52.92 ID:XJpsHX1K0
>>50
逆逆。遅い方が短命。
俺、陸上競技やってて今でも毎日、マラソンやってて
健康診断で引っ掛かるぐらい心臓が鍛えられた。

でも、短命になるらしいな。



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:26:11.48 ID:XJpsHX1K0
後別の奴。

実は石油に変わるエネルギーは随分前から発見されて
実用化できるらしい。
でも、石油で食ってる連中がそれを許さないんだとか。



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:26:25.47 ID:afJDQINg0
1990年アメリカのエイズ研究所でマウスを使ったエイズ治療薬の開発が行われた際、
マウスが持っていたレトロウィルスとエイズウィルスが偶然合成され、
「空気感染するエイズウィルス」が作られてしまった事がある



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:28:58.45 ID:8hDcO3aZ0
太陽はガス天体ではなく、実は地球と同じ地殻天体



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:43:50.20 ID:fxeLNvzT0
>>56
kwsk



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:46:08.02 ID:8hDcO3aZ0
>>73
そもそもチリとガスが集まって恒星が出来るというのに
なぜガスだけの恒星になる?



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:29:08.55 ID:5kaqXAeMO
いまの科学力で虫歯を完治させたり 虫歯にならなくする薬は作れるらしい
しかし発表しないのは全世界の歯医者が路頭に迷うから



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:31:15.18 ID:XJpsHX1K0
>>57
フッ素だったっけか?そういった類を普段から飲む飲料水に
混ぜたらそれだけで虫歯ってならないらしいな。



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:32:29.02 ID:8hDcO3aZ0
>>59
逆・・・
ちなみに、ナチスの捕虜収容所の水にフッ素を混ぜていたそうな



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:36:13.57 ID:1wZw8tlyO
>>59
はガセ
虫歯ってのは歯の表面に付着する
赤ちゃんとかはそもそも菌が繁殖しない
フッ素は効果あるが、飲んでどうする、塗らないと

ただし小さい頃からフッ素塗布してると、歯に斑ができたり着色したりする



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:53:34.69 ID:e8w+E4xM0
>>59
オーストラリアはやってるらしいよ
日本はでもやろうとしたら
>>65が言ってた
>歯に斑ができたり着色したりする
って理由で反対運動が起きたんだってさ



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:33:51.20 ID:HNqeTlX/0
時間の感覚は、だいたい体重の四乗根に比例する
人間じゃなくて、生物全体的な意味でね



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:36:24.43 ID:XJpsHX1K0
日本は実はクジラの養殖をマジで研究している



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:40:46.30 ID:oE56HJiM0
>>66
マグロぐらいの大きさのクジラ作ってるらしいな



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:48:02.07 ID:L3+06Gp5O
全宇宙はシュミレーションゲーム説



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:49:43.94 ID:bhNHmeb80
核兵器はゆるせない、と今は言える日本も
戦時中は
枢軸国側で原爆開発のトップに立っていた

ナチスドイツでは、科学者が「色々あって難しいんスよ」と
テキト~なことを言って
大量破壊兵器をつくることへの消極的抵抗をおこなっていた



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:49:56.46 ID:KERX76U1O
このスレのkwskのスルー率すげぇ



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:51:57.23 ID:XJpsHX1K0
クジラの養殖はマジで実現されそうだから、アメリカさん
とオーストラリアさんはマジで困るらしいぞ。

クジラを海からとるのではなく、養殖だと文句言えなくなるし。
クジラ肉を日本人が食べだすと牛肉を食わなくなると思ってるんだと。



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:03:19.55 ID:bhNHmeb80
>>82
鯨の養殖は、科学的に実現困難だよ

理由:○ほ乳類であるため、卵による受精が困難
   ○個体の運動域を囲うことが困難
   ○大量の飼料(オキアミ・イワシ)自体を養殖する技術が困難

ちなみに鯨の養殖で、食肉を確保するアイデアを広く世の中に伝えたのは
イギリス人SF作家のA・クラーク
だから
養殖ができないことによる捕鯨反対を
白人文化の傲慢さ、とか、食肉産業による宣伝だ、
なんて思い込んじゃうと、シーシェパードの連中の脳ミソと変わりがないよ



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:07:16.17 ID:qGD3DOyS0
>>88
まぁ普通に考えてあのデカブツを監視できる範囲内で人工的に繁殖育成させるなんて現実的でないわな



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:11:25.67 ID:XJpsHX1K0
>>93
まー、クジラとは呼べなくなるけど、マグロサイズのクジラを作ってるわけだよ。

運動させる場所は海流の早い場所で補うだとか。詳しくは知らない。
でもマジで養殖の研究をしてるのはマジ。



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:16:51.29 ID:FBFj5j/YO
>>95
2回もマジと言うくらいだからマジなんだな



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:20:42.61 ID:YM6oh0hi0
>>82
でも正直鯨が安くなっても牛肉は食うし豚肉も鶏肉も食うよな



358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:06:51.50 ID:XKMyqNTN0
>>88
白人の中でもかなり特殊な思想のクラークをだして、西欧社会が反捕鯨だけではないと
する論理はいささか無理があるかと。
反捕鯨運動の根底に一神教的価値観(神によって食べていい悪いが厳密に分けられる)
があることは明白。
養殖、蓄養がその摩擦を緩和できるのなら、積極的に研究してもいいと思うがな。




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:09:44.86 ID:0aSq2VXLP
>>358
カピパラは食用にもなるためバチカンでは魚類に分類されてる
これはガチネタ



547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:20:08.62 ID:/7W1zO/VO
>>363
食用になる=魚類ってどういう発想なんだよ



550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:21:32.05 ID:WPwAKMB70
>>547
魚なら食っても良心が痛まないっていう人間のエゴだろ





558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:24:39.80 ID:ElyE4QdwO
>>547
昔の日本

鳥の肉=食用
獣の肉≠食用

ウサギの肉=食用
ウサギ=鵜鷺=鳥



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:52:23.12 ID:XkC4FK0HO
最大酸素摂取量だか、心拍数だかで寿命がわかる
数年間のデータで



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 16:59:05.50 ID:1wZw8tlyO
物質は個体液体気体超流体プラズマ体の5体

超流体は例えばフラスコの壁をよじ登ったりする



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:00:06.62 ID:DX3fAeSv0
>>86
超低温のヘリウムがそうなるんだよな



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:03:54.18 ID:s73i0FQH0
実は地球からたったの40光年離れたところに地球と同じくらいの大きさの水がある惑星がある



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:06:24.10 ID:oE56HJiM0
>>90
あれを地球と同じくらいの大きさと言うのはどうかと思う



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:06:49.65 ID:0SRlx1U70
>>90
タイタンだっけ。



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:06:49.65 ID:0SRlx1U70
>>90
タイタンだっけ。



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:08:48.66 ID:s73i0FQH0
>>91
すまんこの記事見ながら書いた
2.7倍もあるのか
ttp://www.cnn.co.jp/science/CNN200912170024.html



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:20:56.08 ID:gglrIIlBP
現代の観測は結構やばいとこまで来てる
地球の重心位置を1,2cmの誤差で求められたり、天体の動くスピードを人が歩く早さくらいの精度まで求められたり



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:24:20.57 ID:4vtz1no00
>>100
意味がよくわからないから易しく教えて



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:32:40.32 ID:63kRvShz0
>>103
だから観測精度がすごくレベル高くなったってことじゃね?






107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:36:51.11 ID:gglrIIlBP
>>103
地球の重心は測地学
あんまり詳しくないから知らんが、現代は衛星を使うことによって精度が上がったらしい
天体の動きはドップラー効果を利用する
特定の原子や分子の出す光の波長が、観測した時どれくらいずれているがで特定する
大体最高の精度で秒速数cmくらいの誤差
ただそんな精度にするためにはかなり特殊な技法を使うらしい



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:23:24.81 ID:8sfR12/30
液体窒素は素手で扱った方が安全

液体窒素の中に指を入れてもすぐに抜けば大丈夫



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:27:35.45 ID:h5cwDxjP0
童貞が30過ぎても魔法使いになれない



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:33:39.58 ID:bhNHmeb80
アリゾナの砂漠にある巨大な施設の中で、生態系を再現するプロジェクト
『バイオスフィア2』は、たった2年で失敗した
(1991年~1993年)

研究者(8人)も施設内で2年間生活していたが
人工環境のせいで植物がバタバタ枯れ
動物もバタバタ死に
最後に研究者たちが飢え死にしそうになったために、プロジェクトが中止されている



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:39:32.76 ID:YINMm/Cj0
>>106
近未来的でかっけぇwwwと思ったがやっぱり人間の手で自然は創れないんだね



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:42:45.05 ID:r2btL4NuO
>>106
あれ失敗したのかwww
雑誌で見てwktkしてたのに…



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:06:09.36 ID:T2WEDAIo0
>>112
でも失敗の原因を探す事で
今まで気にしてなかった色んな大事なことが判ったんだから
実験としてはある意味成功なのかも知れんよ



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 19:25:47.81 ID:N6Nzf8XXO
>>106

地中の微生物による二酸化炭素の排出量が予想を遥かに超えたから、
とかって微生物の研究してる教授が講演で話していらっしゃった気がする。



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:45:37.46 ID:gcEl0KWf0
地球は月に毎年2センチずつ近づいている



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 17:50:05.94 ID:ZAQH2SbmO
>>115
じゃあ遠い未来にはリアルムジュラの世界になるんだな

太陽が燃え尽きるのとどっちが早いかな



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:00:43.67 ID:Ogdf5//p0
人類が滅びたら
イカが地球を支配するとかなんとか
昔テレビで見た記憶が



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:03:17.56 ID:XJpsHX1K0
>>120
ゴキブリじゃね?

あいつら最終的に地球最後の日まで生きているらしいぞ。



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:04:25.03 ID:cTrosSEz0
>>120
確かにイカは1年であのサイズに成長出来る
イカを喰ってた大型魚類は人間が採りまくったため、イカの数が増えてる
成長の早い肉食のイカと成長の遅い肉食の他の生き物が争えばイカが勝つな



127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:05:23.44 ID:YINMm/Cj0
>>125
イカさんは地上に進出して来れるの?



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:10:46.48 ID:cTrosSEz0
>>127
進化しない限り無理だと思う
海上を滑空するイカはいるみたいだけど



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:12:43.56 ID:YINMm/Cj0
>>136
人間の祖先も最初は海にいたからイカさんも進化するかもな



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:12:43.56 ID:YINMm/Cj0
>>136
人間の祖先も最初は海にいたからイカさんも進化するかもな



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:05:03.60 ID:1VX/NAFw0
フッ素の話はもう終わってもいいだろ
ほとんどの水道水にフッ素は入ってるよ
自分の住んでる市区町村のサイトで調べてみると良い
うちにはフッ素もう入れられてた



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:07:26.16 ID:/qyykDw9O
物体は物体をすり抜けられる



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:07:50.87 ID:FZV4R2S20
米航空宇宙局(NASA)は18日、土星の衛星タイタンの「湖」に太陽の光が反射する様子をとらえた画像を公開した。
鏡や水面などの滑らかな表面によって生じる「鏡面反射」が地球外で撮影されたのは初めてだという。



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:17:11.87 ID:FZV4R2S20
::::::::::::::                      IRS5
::::::::::::::::::::::::::::               10600 (148億km)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ←IRS5
...
、::::::.............                   Sドラドゥス
 ゙ `"─-::.::::........              2000 (28億km)           ........::::::::::::::::- " ~
      ` ─-- 〟__:: :: :: :: :: .....          ......:: :: :: ::___ 〟--─ " ~ ↑
        ヽ:::..      ~~~~~~~~~~~~~     .::γ    Sドラドゥス
          `、;;:::....                         ..:::::::,:”
           \::::::::....        ミラ          ..:::::::/
             `・、:::::..    500(6億9700万km)  .::::,; ・ ′
             l::..` ー- 〟______ 〟-─ "´ .:l
              '、:::::...                   ..::/
               `、::::......    アンタレス    ...::::::;;′
                ・、:::::  390(5億400万km) .::::,′ ←太陽を見下しているアンタレス
                  “ー- 〟____ 〟-‐”             (太陽の390倍の直径)

                         .
                         ↑             .←木星はこんくらい(14万km)
                      太陽 1 (130万km)       ←地球はこれ(1万2000km)

,__l__ |フ_旦_      |   _|_|_ __   _|_ヽヽ      |~~|  |~~|  /~l
  /\   |>/i-i-i  / | ヽ   |  |     /   _|_           /  |    |   \/
_/ ヽ \_| ノノ ノ    /       /    /\    |           /    |__|  _/



897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 17:41:47.89 ID:FOesn2OOO
>>140
大きければいいというものでもない
大きい恒星は寿命が短く、生命が生まれる可能性がある惑星があっても、
その遥か前に恒星が爆発する
太陽くらいがちょうどいい



142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:22:43.47 ID:c2q3WDIC0
地球には100%宇宙人が隠れ住んでる

擬態してるかペットの犬になってるのかは分からない

お前の母ちゃんや犬も100%本物とは限らない



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 18:55:42.27 ID:O31Xl0WiO
富士山には妖怪のミイラを研究所がある。
復元実験で時々、鬼が逃げ出したりしたこともある
余談だが、妖怪に襲われても事故を起こさないように、人型兵器も開発中・・・おっと誰か来たみたいだ



296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:47:44.16 ID:IoBF2UHu0
>>152
それなんてアンブレラ社のタイラント?



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 20:45:08.91 ID:XJpsHX1K0
じゃーネタ投下

「レーザー兵器」
現在、ジュネーブ条約で禁止されている兵器だがその威力を見せたのは
「湾岸戦争」でデビュー。連合軍側はイラク空軍部隊これを使った。

別にこれといった攻撃を加えているわけではないのに、敵の戦闘機、爆撃機、ヘリなどが
つぎつぎと墜落した。
原因は地上から出されていたレーザーを目視してしまった為に失明したからである。




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 20:47:31.99 ID:mFOrxiOp0
二酸化炭素から油を生成、抽出する技術が確立している



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 21:48:32.19 ID:gglrIIlBP
原子力研究してる人が言ってた
温暖化の主因は原子力発電で出る温排水らしい
正しいかどうかは知らんが



728 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 08:07:12.31 ID:aQruZ3pNO
>>167
それはたぶんジョークだが
原発は二酸化炭素削減に貢献しない
50年間保守しないで運用し続けてようやく火力発電並の排出料に落ち着く

利権コストが大杉るため



170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 21:55:51.22 ID:3W9u6wSw0
原発事故などでものすごい量の放射能を浴びた人間は
その被害者自体が放射性物質になるので治療のさいも
防護服を着て行わないと危険



176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:03:25.33 ID:KiSY+fXpP
ハチドリは飛べる体の構造ではない



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:09:41.37 ID:baGUOgWD0
>>176
クマンバチも同じく。飛べると思い込んでるから飛べる。



188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:16:42.01 ID:cvhXG9Q10
>>180
クマバチは飛べる理由がもうわかってるよ



182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:11:04.93 ID:/ZRKGsAc0
温暖化二酸化炭素説は嘘
大気中には0.03%ほどしかない二酸化炭素がコンマいくらか程度変わっても微量な温暖化にしかならない




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:12:05.59 ID:lhpvODoi0
>>182
嘘なら嘘でいいが、じゃあ、原因はなんだい



183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:12:05.59 ID:lhpvODoi0
>>182
嘘なら嘘でいいが、じゃあ、原因はなんだい



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:17:16.00 ID:/ZRKGsAc0
>>183
いつから温暖化しているのか説明が不正確
気温の測定地点のヒートアイランド現象だけかもしれないなんて説がある



200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:26:21.09 ID:sSlWIcPw0
有名だが、
水に硫酸を注ぐのはいいが、硫酸に水を注ぐと大変なことになる・・・



202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:27:53.34 ID:C9mZ8kKe0
>>200
発熱しちゃいやん



210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:38:35.54 ID:FM0Hc9mw0
そんなことより性処理用のメイドロボ作ってくれよ



213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:41:05.32 ID:DpWMdCsjO
地球上で一番巨大な生物はキノコ



217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:43:29.89 ID:FM0Hc9mw0
そういえば牛を殆ど食わないインドではアルツハイマーが殆どないとか聞いたことあるな。
ボケの原因は牛説。



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:46:10.43 ID:DpWMdCsjO
クマバチとクマンバチは別の生物



224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:47:07.33 ID:nDi/m2yP0
ツバル共和国の水没動画はテレビ局のやらせ



226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:48:17.96 ID:x86qwxwZ0
二次元にいける方法ははまだ発明されてないの?



234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:53:27.04 ID:SORqbmK5O
>>226 何度も試みましたが無理なようです



230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:51:22.60 ID:pqPryij40
DHMO

水酸と呼ばれ、酸性雨の主成分である。
温室効果を引き起こす。
重篤なやけどの原因となりうる。
地形の侵食を引き起こす。
多くの材料の腐食を進行させ、さび付かせる。
電気事故の原因となり、自動車のブレーキの効果を低下させる。
末期がん患者の悪性腫瘍から検出される。

その危険性に反して、DHMOは頻繁に用いられている。

工業用の溶媒、冷却材として用いられる
原子力発電所で用いられる
発泡スチロールの製造に用いられる
防火剤として用いられる。
各種の残酷な動物実験に用いられる
防虫剤の散布に用いられる。洗浄した後もDHMOは残留し、産物に悪影響を与える。
各種のジャンク・フードや、その他の食品に添加されている。




898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 17:53:33.80 ID:FOesn2OOO
>>230
追加

これが原因で毎年世界で数百人が死ぬ
これが原因で戦争が起こる
各国はこれの貯蔵施設を競って作っている



900 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 17:58:06.19 ID:aQruZ3pNO
>>898
こええこええよ一酸化二水素……!



238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 22:56:07.11 ID:PBBYKKWJ0
スーパーマリオブラザーズの総データ容量は40KB
マリオ64の総データ容量は8MB



261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:26:32.80 ID:R8tu5kg10
>>238
それ本当なのか?
あんだけのボリュームで8Mしかないとか化け物だろ…


四次元はx軸、y軸、z軸のどれにも垂直な軸を持つ次元、だったかな



240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:03:02.53 ID:AMf+z3XDO

タコは超頭がよくて、寿命が30年くらいあれば海底都市を作れるって聞いた事が



244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:09:25.91 ID:l6ysFO+f0
三次元の我々が二次元をゲームなどで作れるように四次元の存在が三次元を作っている


っていう説を昔2chで見たww



246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:11:33.78 ID:h+/i2KTIO
>>244
それ地理の先生が今日話してたな
イエスは神か否かって流れで



246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:11:33.78 ID:h+/i2KTIO
>>244
それ地理の先生が今日話してたな
イエスは神か否かって流れで



247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:12:37.81 ID:OQ8xpVOcO
一次元は・

二次元は線

三次元は空間

四次元は時間らしい






249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:15:39.43 ID:Bnt0cPddO
>>247
それ聞いたことあるけど、全然意味わかんねーんだよなー

時間を行き来できるってこと?



259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:26:06.98 ID:h+/i2KTIO
>>248
なんか、三次元のおれらが二次元を好き勝手にできるように
四次元が存在するとすれば三次元のなかでいろいろできるんだと。
だから科学では解明できない奇跡的なことが起きるらしい
(生き返ったり、てをかざすだけで病気治したり)。
>>247とは違う考え方みたいだ



260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:26:24.16 ID:6fDWTipj0
>>247
四次元が時間な訳ではなく、
この世界は空間3次元+時間1次元の4次元時空として扱えるってだけ

数学的に純粋に空間的な4次元は考えられるし、もちろんそれ以上も考えられる



263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:29:21.12 ID:RbnzEihBO
>>247
四次元目が時間って言ってる奴は必ず科学にわか

実際は、四本の線が互いに直交する世界のことを指すのが普通



272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:36:43.51 ID:mFOrxiOp0
>>263
>四本の線が互いに直交する ってどんな状況?
惨事空間で図示できるものなの



277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:40:33.79 ID:bYjZmgqSO
>>272

だから四次元だっつってるだろwww



251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:17:42.99 ID:NFjtMkQb0
〝共食い〟という行為は遺伝子によって種別に多様な方法で
警告を発する。例で言えばBSE。
ザリガニ、イカ、カマキリ等、〝共食い〟後の個体を調べると
ほぼ間違いなく脳に何らかの異常が発見される。

人間食ったことある人、今どんな感じか教えてほしい。



254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:21:07.85 ID:GWzw2m4cO
核融合が実用化されない理由

核融合の熱に耐える事ができる素材がない



320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:56:56.22 ID:IoBF2UHu0
>>254
あれ?コスト(維持費の方)の問題じゃなかったっけ?



257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:25:05.67 ID:vx/mE2AK0
まったく理解出来ないのにwktkするスレだな



269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:32:57.22 ID:baGUOgWD0
脳みその9割は衝撃緩衝材



278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:42:00.31 ID:XJpsHX1K0
世界でもっとも瞬間的な攻撃力と攻撃範囲が多きい兵器は
「水素爆弾」



文句あるやついるか?かかってこいよ。



282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:43:24.88 ID:NFjtMkQb0
>>278
多きい は欲張りすぎだろ



287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:45:11.59 ID:y8o11h9p0
>>278
核融合より対消滅の方が膨大なエネルギーを出せる
まだ実現してないけど



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:43:02.37 ID:Z+5WBiAbO
理解出来ない話ばかりだけどすごく楽しいな、このスレ

人にものを教えるにはまず興味を持たせるのが大切だってよくわかる




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:44:55.84 ID:PGvLKdJnP
ガラスの板を水の中に入れると
ハサミでジョキジョキ切れるようになる、という動画を見たことがある

俺が見たのはトリック動画なのか本当なのか教えてエロい人



285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:44:55.84 ID:PGvLKdJnP
ガラスの板を水の中に入れると
ハサミでジョキジョキ切れるようになる、という動画を見たことがある

俺が見たのはトリック動画なのか本当なのか教えてエロい人



289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:46:04.42 ID:XJpsHX1K0
違うの?

俺がマジで調べた結果。世界でもっとも攻撃力と攻撃範囲が大きいのは水素爆弾
だったんだけど。



333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:01:02.25 ID:8Q6EDK4gO
>>289
水爆より完全に反応した原爆の方が威力ヤバいらしいよ

水爆は反応しやすいから簡単に威力が出るらしい



298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:48:39.65 ID:l+S73/WX0
量子コンピュータ凄すぎワロタ
今のコンピュータ:1と0で表す
量子コンピュータ:1と0と1かつ0で表す
最強の並列機能でもし実用化できたら今の暗号が全て無意味になるらしい



832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 15:37:17.33 ID:BAsCa/sH0
>>298
なるほど
鍵付きzipも簡単に解凍できるんだな



301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:50:02.43 ID:3bn+5kJ40
英国やオーストラリア、そしてパプアニューギニアの研究者が行った研究によれば、
我々人類の多くが、人間の脳を食べることによってのみ感染しうる様々なプリオン病に対する免疫を
保持していることが明らかになっている。
この事実は我々人類が紛れもなく過去のある時代において、食人 - あるいは共食いを
行ってきた事実を裏付け、即ち、現代の人類は食人による脳疾病感染の淘汰を生き延びた種であるというのだ。



304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:51:09.66 ID:kFAB9Hwn0
>>301
じゃあ脳みそってうまいのか



305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:52:17.31 ID:8hDcO3aZ0
>>301
狂牛病の原因がプリオンってのは確定していない
確かにこれでノーベル賞を取ったやつがいるが
ノーベル賞狙いの怪しい実験



328 :スネーク:2009/12/21(月) 23:59:50.70 ID:IoBF2UHu0
>>304
食ったがチーズっぽい味だった



308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:53:25.63 ID:PGvLKdJnP
チワワは、骨格の特徴やDNAを調べた結果
犬ではなく鳥の仲間であるということが最近の研究で判っている









というガセをいまだに信じている人がいる



318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 23:56:49.99 ID:KiSY+fXpP
車酔い・船酔いする人は柑橘系のジュースを飲むとさらに酔いやすくなるが
何の成分がそうさせるのか判明していない



331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:00:47.60 ID:xzLiYMVpO
虫が小さいのは地球の酸素濃度が低いから

地球の酸素濃度が上がれば虫が鳥を食べることになるらしい



340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:03:05.98 ID:t0araAFGO
>>331地球上の酸素濃度が上がれば全てが大きくなるのでは?



343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:03:35.89 ID:jlMFNqgZ0
>>331
虫(特に甲虫類)ってあれ以上大きくなると自重で潰れるんだろ?



346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:04:36.18 ID:xzLiYMVpO
>>340それがそうでもないらしい
前にディスカバリーチャンネルで見たけど理由は忘れた



348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:04:55.00 ID:S73XugVv0
>>340
酸素濃度が上がると気温もそれに伴って上昇してところどころでしょっちゅう火事が起こるようになる と聞いた



357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:06:49.70 ID:YlCAth/nO
>>340
植物は二酸化炭素濃度が上がったほうがいい
光合成が活発になるから

酸素は知らん



355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:06:18.94 ID:OGDFj4VlO
名前は忘れたが日本海には「燃える氷」と言われるメタンガスを含んだ氷のような鉱物が大量に眠っていて、実用化されれば日本のパワー資源問題が一気に解決する。
しかもほとんど日本海にしかないため日本の独占状態。
現在全力で研究中とか。



364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:10:01.88 ID:BcUlAEu90
>>355
メタンハイドレート
シャーベット状のメタンガス



370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:12:56.86 ID:ElyE4QdwO
>>355
メタンハイドレートは世界中で産出するよ
ただ、日本の大陸棚と排他的経済水域が広いので日本でたくさん産出できるだろうと言うこと



412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:33:37.94 ID:Mj4YMjNH0
10÷3=3.333333333・・・・・(永久に続く)

10cmの紐を三等分する
=あれ?出来た?

みたいな話があったが、アレは数学か



427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:38:14.52 ID:E306hTSVO
ある体積を持つ物質を有限回分解して、またうまく組み合わせると、もとの体積を持つ物質が2つできる
ビー玉を分解してうまく組み合わせると地球サイズになる

これ証明もされている正しい事らしいんだがイマイチ理解できん
例えばビー玉を分解して作った地球サイズの物質は中がすっからかんの空洞ってことなの?
教えてエロい人



439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:43:18.12 ID:Aw2X6/LT0
>>427
中身もつまってるが、純粋に数学的なものでもちろん現実には不可能
ものすごく大雑把に言えば、
自然数を偶数と奇数に分けても、自然数nに偶数2n、奇数2n-1を対応させれば
偶数も奇数も自然数と同じだけあるよねってのと似たような話



447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:46:27.34 ID:E306hTSVO
>>439
なるほど
その理論を説明するための例を事実だと俺は思い込んでたのか、サンクス



433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:39:18.93 ID:HQu32udv0
ガラスって、固体・液体・気体の分類で言うと液体の分子構造なんだっけ?
昔聞いた話なんでうろ覚えだが


435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:40:03.44 ID:PPLj06vS0
>>433
その通り
世界最古のガラスとかそこらへんになると上が薄くて下が厚い



894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 17:31:56.66 ID:/358AgSCO
>>435
それガセじゃなかった?
下を厚くした方が強度が増すからわざと厚くしたとか



434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:39:25.36 ID:uo/paWeMO
1熱エネルギーは不可逆エネルギー。一度熱エネルギーになったら再び他の物にはならない。
2熱い物と冷たい物を置いとくと、熱い物から冷たい物へ熱が流れ、二つの同じ温度の物となる。
宇宙内のあらゆるものは最終的に熱エネルギーに変換されてしまう。
そして1により二度と宇宙には新たに何か生命どころか物体が発生することはない真の沈黙が訪れる。これを熱的死という。
これは2の要領でエントロピー(乱雑さ)が安定してしまうから起きる。(熱エネルギーやバラバラの分子みたいなまとまりのないものをエントロピー高、石や物体などは乱雑ではないのでエントロピー低となる)
2は冷たいものから熱い物へ熱が逆流することはないということも示しているが、地球は太陽に熱せられた熱を水の循環により排出している。
これは、エントロピー(乱雑さ)を外へ吐き出しているといえる。(水循環によりエントロピーの収支出がマイナスになっているというのがポイント)
乱雑さが無くなっていった地球内の物は、より乱雑ではない物になる。乱雑ではないとは対極に位置する精巧さが高いといえる。
つまり複雑な仕組みをもつ生命が誕生する。
さらにエントロピーが減ると生命はより複雑な脳や機関をもち、感情をもつ。

つまり我々生き物は宇宙の熱的死という法則に逆らっている謎の物体Xである



453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:48:11.07 ID:rcah8IF30
>>434
俺たち、物理法則から外れた事をしてるってちょっとすげえな



574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:31:55.45 ID:v89ueQZr0
>>434が熱力学としてのエントロピーと概念としてのエントロピーを上手く混ぜ合わせて言いくるめていて面白い



450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:47:30.76 ID:njD2lDTdO
夢精の起こる仕組みは未だ解明されていない
もしかしたら人間の五感で観測できないだけで
実在してるサキュバスに奪われてるのかもしれないね



460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:50:51.84 ID:0q1E6FdNO
水に特殊な方法で酸素を溶かして
水中生物を飼うと
楽しいことになる



462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:51:16.64 ID:mfqcR+x80
>>460
巨大化?



468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:53:54.26 ID:jcU7mG8UP
>>460
淡水魚と海水魚を一緒に飼える奴?



508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:05:38.23 ID:0q1E6FdNO
>462
そう
しかも高速でなる

>468
そっちはナノテクでやるやつだね
浸透圧の問題がクリアーされる



517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:09:15.22 ID:mfqcR+x80
>>508
どっかに動画とかないのかね



533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:16:41.77 ID:0q1E6FdNO
>517
淡水魚と海水魚の共生できる水は
ナノバブルでググると幸せになれる

まぁ、オカルト系健康食品としても販売されてるよ



539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:18:01.28 ID:mfqcR+x80
>>533
巨大化の方



573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:31:13.47 ID:0q1E6FdNO
>539
経済番組でかなり昔に見て
山女や鮎のハイスピードかつ巨大な個体の養殖に実用化されたとあったが

その後はわからない

養殖された魚は半分(うろ覚え)の期間で通常の倍以上に巨大化していた



461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:51:09.28 ID:S+dgEpz0O
温暖化の原因は、氷河期終了の為
両極が氷に覆われている今は氷河期




461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 00:51:09.28 ID:S+dgEpz0O
温暖化の原因は、氷河期終了の為
両極が氷に覆われている今は氷河期




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:10:09.71 ID:tf+Oaewu0
この世で最も有毒な毒ガスは酸素であるという事
分った時にはもう遅いこと



521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:10:32.72 ID:ULVnMa9IP
地味に差し迫ってる問題だと、
超高層ビルが関東大震災級の地震にも耐えると言うのは嘘に近い。



532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:16:05.21 ID:vTy/VZFrO
>>521
耐震工事の現場で働くツレ曰く、人間の工事や知力ごときでは地震には対抗できんらしい
依頼者はただ単に“耐震工事した安心”を買ってるだけなんだと



522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:11:09.27 ID:9SxPl8bbO
なぁ人工知能ってあるだろ?
アレはプログラム通りに動いてるだけだけど
人間の脳に電極とか配線とか繋いでパソコンと直結させたり歩いは人間個人のヒトゲノムをコピーしてデータ化した人工知能作ったら、コンピューターのデータを自分の意志で自由自在に変えれたりするのかね?



534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:16:43.95 ID:PPLj06vS0
>>522
全体的に日本語でおkだがヒトゲノムをコピーしても知能は産まれんぞ?
あと自分を構成する要素で遺伝子のような部分は変えられるが
自分本体を形作る材料となる部分はムリポ

AIに興味がある見たいだからついでに言っておくとあとAI研究者(哲学者に近いが)にも強いAI派と弱いAI派ってのがいる
強いAI派ってのは「心を完成させるのには人間の様なむっちゃ複雑な構造がいるよね」派
弱いAI派は「俺たちは気づいてないだけでアルゴリズムを持っている機械は全て心が宿るんだよ!」派

弱いAI派に言わせれば電卓だって心を持つ



556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:24:12.74 ID:qXlxWbY+0
人間の体にはクギ2本分くらいの鉄分が含まれてる
そして鉄分子は超新星の中心核でしか作られない



568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:28:32.08 ID:Suvu/6Ij0
人間の脳は常にその大部分が使われていなくて
全部を使いこなせばすごい力を発揮できる、というのはガセ



572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:30:52.76 ID:9SxPl8bbO
どうにかして人間が指一本動かさず思考するだけでコンピュータやプログラムを自在に操作する事は無理かな?
脳みそに機械埋め込んでそれをケーブルでパソコンに繋げる事で人間とコンピューターの融合とか出来ないだろうか



577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:32:10.56 ID:qXlxWbY+0
>>572
簡単なのならもうあるよ



579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:32:20.91 ID:Suvu/6Ij0
>>572
思考でマウスカーソルを制御する様子を以前テレビで見た事がある



581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:33:14.59 ID:V/lEWqOj0
>>572
電気信号なんだから可能だろうけど、使い手が疲れそうだ
余計なこと考えたら余計なこと行っちゃうわけで
実用化するなら機械に空気を読ませるプログラムを組み込む必要性があるな



592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:40:58.94 ID:0q1E6FdNO
巨大魚の作り方
ググったらあった

たぶん俺が見た奴と同じ方法
プラズマ技術で
マイナスイオン酸素を生成して
その水で育てるとでかくなる

その状況は太古の地球にちかい環境なんだとさ



607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:49:50.34 ID:9SxPl8bbO
人間の脳の容量ってどの位なんだろう
テラぐらい?



625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:01:00.70 ID:4Oh3uell0
>>607
某想定科学ADVでは記憶が3TBだった



611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 01:51:05.98 ID:1EnkMi6s0
容量的には4Tか40Tくらいってのは聞いたことがある。
うろ覚えだけど



629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:03:39.72 ID:G5ZumG380
現状では人間の寿命の限界は130歳程度
理由としては
①動脈血酸素の減少
 年を重ねるごとに酸素を血中に取り込む力が弱くなり125歳ほどで生命維持できないレベルになる
②心臓の能力の低下
 20代では一分間に4リットルの血液を押し出す力があるが120代では1リットルまで下がる(ほぼ心不全状態)
③脳細胞の死滅速度
 脳細胞は140億ほどから始まり成人した頃から平均10万/日の速度で減少していく
 個人差にもよるが130歳辺りで生命維持ができなくなるといわれている





629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:03:39.72 ID:G5ZumG380
現状では人間の寿命の限界は130歳程度
理由としては
①動脈血酸素の減少
 年を重ねるごとに酸素を血中に取り込む力が弱くなり125歳ほどで生命維持できないレベルになる
②心臓の能力の低下
 20代では一分間に4リットルの血液を押し出す力があるが120代では1リットルまで下がる(ほぼ心不全状態)
③脳細胞の死滅速度
 脳細胞は140億ほどから始まり成人した頃から平均10万/日の速度で減少していく
 個人差にもよるが130歳辺りで生命維持ができなくなるといわれている





638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:06:59.01 ID:379oT53UO
>>629
携帯から失礼
紫外線がなかったらウンタラカンタラという説は?



647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:11:01.52 ID:4Oh3uell0
>>638
ああ昔の神話時代の人々は
まだ紫外線が大気に阻まれてたから900歳とか生きてたって話か?
どうなんだろうなあ
神話といえばノアの洪水はマジなのかなあ
船とか月に昔水がたくさんあったのが抜けた痕跡があるとか



681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:36:19.17 ID:T0rogIUp0
勘違いしてる人が多いが
ウイスルは生命体ではない、ただの物質



683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:38:36.78 ID:a8CcqVRqO
足りない部分に人間が発見された。
もちろんまだ足りていないけど、人間の祖先は必ずしも猿でない。
人間は人間だった。

それでも未だに進化論が教育の中心にあるのは、人類に唯物論叩き込みたいという陰謀があるとかないとか。



690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:44:24.99 ID:jAfOJEKb0
>>683
あ、やっぱ猿じゃないのか
さんくす



695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:52:09.68 ID:Q4mbHZ7oO
ロシアだかドイツだかで本気で超能力者を育成してるらしいけど
今のところの結果としてはどうなのか知りたい



698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 03:02:15.38 ID:WPwAKMB70
>>695
もし実現できてたとして、世界に広くその結果を知らしめたらパニックになるので
決して外にはもれないと思うぞ。
魔女狩りみたいなことも起こりかねんな。似たような映画があったな。Xメンだったっけ。



696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:56:05.51 ID:T0rogIUp0
薬剤によって寿命は伸びる
この前のネイチャーに載ってた



697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:59:50.74 ID:h2uAChAyO
>>696どれくらい?



697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 02:59:50.74 ID:h2uAChAyO
>>696どれくらい?



699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 03:02:47.40 ID:T0rogIUp0
>>697
natureの論文はマウスの実験だったが、たしか15%ぐらい寿命が延びてたかな
人間だと10歳ぐらいじゃない



703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 03:12:18.28 ID:h2uAChAyO
>>699
若い世代の負担が増えるな



722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 04:21:14.32 ID:aSIoOIpOO
科学力パネェな
ハゲが完全に治る薬も作れるんだろうな
ただ製薬会社とか潰れるから作らないだけか

作ってくれよ



727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 07:38:20.78 ID:857M2YAC0
あらゆる生物は偶然の産物で、その中でもとりわけ人間のように知能を持って
文明を築けるようなケースは極まれなわけだが、そのような進化を遂げる確率は
パーツを完全にバラした機械時計を箱の中に入れてその箱をシェイクして
開けてみたら組みあがっててビックリした、ってくらいの奇跡の産物らしい。

それなのにお前らときたら・・・



733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 09:46:26.87 ID:0q1E6FdNO
原発がないと
日本の電力が間に合わないは
根拠がないんだよね

でも、これを言うと
サヨ扱いで袋叩きにするシステムが
できてるんだよね



734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 09:53:02.05 ID:tV6y85CA0
と言うか原発ってそんなに反対運動されるほど危険なものなのか?よく解らんけど
日本の原発はかなりの安全性持ってるし周辺住民は電気代がほかと比べて安いみたいだし
むしろデメリットがよくわからん



738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 10:19:27.37 ID:aQruZ3pNO
>>734
広島核数十発分の放射性物質を日本全土に撒き散らすことが可能な施設を、
駅前交番よりもざるな警備と保守で運用してて、
それを問題にすら思えないのが問題

毎年兆規模の税金を電力会社に投入して、場合によっては赤
安定供給長期稼働出来るだけ



757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:24:09.74 ID:aQruZ3pNO
>>749
放射能自体の爆発はそうでもないが、発電に使用してる水を急速加熱すると水蒸気爆発が起きる
チェルノブイリが危うく世界を巻き込むとこだった

多分爆発があったとしても耐えられるように造られているとは思うが



800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 13:25:28.01 ID:qg/0D5sN0
>>749
本来ならものすごい警備されてないとおかしい施設だよ。
機械やコンピュータのミスで爆発ってことはないだろうが
意図を持った人間が、わざとやろうと思えばメルトダウンだってあり得る。
むしろ今までテロリストたちに利用されてないのが不思議なくらいだと思う。





849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 16:06:34.88 ID:z+FDQ9pN0
>>825
濃縮ウランなんてものは日本の原発にはないよ?

原子炉で使うウランは核兵器とは違い一桁パーセントの濃度
(今の核兵器はプロトニウム使ってると思うけど…)

再処理関係の話をしているのであれば、普通の原子炉にあるのは
使用済みの燃料棒だけ(当然のことだけど生身の人間が近づくと
数時間で死ねる...)
これを再処理して再び核燃料にする施設は、日本国内にないので
フランスなんかでやってるはず

まあなんだ ハリウッド映画の見すぎじゃねえの?



853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 16:13:44.60 ID:6O5QPJAV0
>>849
俺もそんなに詳しいわけじゃないけど、
日本の原発でメルトダウンとか言ってる人たちは、
軽水炉と黒鉛炉の違いがわかってないんだと思う。
原発=チェルノブイリ=危険の図式が固定されてるんだろうけど。



743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 10:38:55.45 ID:ngpn5XB6O
ぶっちゃけ原発が爆発する確率は電車が脱線する確率より低いし、ミサイルが命中したところで放射線が漏れることもない
中越地震が起きて柏崎原発の内部の故障が日本では叩かれてたけど、海外では驚かれた
あれほどの地震が起きてもその程度で済むのか、と



758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:25:20.19 ID:ifvY9RImO
ふと思ったが、この世に存在する全ての物体の動きが止まったら、時間つの流れって止まるのか?



760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:28:51.37 ID:BEOPSuSlP
>>758
2つの考えがある
時間は物質と関係なく存在しているという考え
時間は物質があることによって存在しているという考え

後者なら時間も止まる



761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:30:51.21 ID:ROWCWRqwO
>>758
時間の定義を定めたのは人間だ。
その人間が止まっちまえば時間なんて存在しない
いや、あるいは観測されないだけの
ただの天体の運動になるかな? 時間はあくまで人が定義付けたルールにすぎないから



762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:31:41.17 ID:5rdFxxcVO
>>760
つまり止まるか止まらないか分からないってことだな!



765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:33:04.01 ID:6o3wtQ9MO
>>758
時間なんてものは最初から存在しない。
何かが変化することを時間が進むと人間が定義したから。

だから全ての物体を止められるなら、確かに時間は止まっていることになる。



782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 11:57:44.15 ID:6o3wtQ9MO
確率って不思議。
コインの裏表が出る確率は2分の1だけど、100回投げて50回50回になる確率がとても低いのはどうして?



783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 12:02:17.30 ID:5rdFxxcVO
「確率はあくまで確率。戦場ではアテにならんさ…」って昔の偉い人が言ってた



845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 15:56:38.82 ID:gvvl4fiw0
これから人類が進化するとしたら
知能が上がり頭が大きくなる、
機械の発達により体をあまり動かさなくなり、からだはどんどん細くなる、


つまり漫画とかで見る宇宙人みたいになる、もしかしたら宇宙人と言われている者
は未来の進化」した人類なのかもしれない、



848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 16:02:57.40 ID:4LjRg5no0
>>845
UFOは実はタイムマシン的な?



852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 16:11:22.83 ID:V/lEWqOj0
>>845
そう言う説も結構あるよね
俺はどっちかっていうとタイムマシン派だ



864 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 16:28:04.77 ID:QZv3VRuX0
ある意味で怖いのはもう繁殖には
男×女じゃなくても
科学×女×女
でいいらしいしかも後者のほうが性能がいい



913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 18:36:33.49 ID:2Dju/JxNO
質問だが風呂の四十℃には耐えられるのに
気温の四十℃には耐えられないのは何故?



915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 18:43:46.59 ID:K5Umqyb/O
>>913
人は体表面に暖かい空気の層をもってて、風呂では液温そのまま感じるけど
空気中では体表の温度+外気で感じるから だった気がする



917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 18:48:14.33 ID:V9tVBwUJ0
>>915
じゃあ80℃のサウナは耐えられるのに
80℃のお湯は致命的なのはなぜ?



920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 18:55:15.26 ID:ocz4rZrBO
>>913>>917
気体と液体とじゃ熱の伝わり方が20倍違うから。遅効性と速効性とでも言おうか



925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 19:12:47.33 ID:wZQca82r0
>>917
そもそも熱ってのは分子の運動だ
風呂なら水分子が、サウナなら窒素とか酸素の分子が、お前の体に猛烈な勢いで衝突している
その衝突時に発生する熱を俺たちは感じ取っているんだ
そして、水中は空気中にくらべて分子の密度が高い。

分子一個がぶつかるときに発生する熱が一定なら
分子が多い方が大きな熱を発生させる
だから風呂の方が熱いんだ




931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 19:37:49.14 ID:2Dju/JxNO
そうすると四十℃の風呂が
四十℃の空気より熱いってことになるけど


俺は風呂のほうが耐えられるのは気のせいというか勘違い?



934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 19:46:55.91 ID:u+XL5K8P0
>>931
水と空気で同じ温度でも振る舞いが違うのは熱の伝わりやすさ(熱伝導率)が違うから
で、熱伝導率はおおよそ分子の質量と分子間力で決まる
つまり軽くて自由に飛び回る空気よりもより重くて分子同士の結びつきが強い水のほうがよく熱を伝える
実際沸騰した水に手を突っ込むと手の温度もすぐに百度になるけどサウナに入ったからといって
体がすぐに百度になるわけではない



936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 19:47:31.82 ID:Aw2X6/LT0
>>931
40度の風呂に数時間浸かってたらぶっ倒れるだろ
気温40度は熱のダメージより不快指数的に耐えられないんじゃね?



966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 22:24:18.93 ID:29lHGkxPO
科学かは知らないが
今騒がれてる「地球の温暖化」は半分間違い
地球の歴史的にみるとむしろ氷河期に近い

海すべてが凍ってた時代もあったし北極が溶けてた時代もあった



970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 22:32:08.86 ID:LImKuL1YO
次世代記憶媒体として、DNAが候補に入っている
苔だか微生物だかのDNAをいじくって、
突然変異を極力抑えたりして数十年単位で情報を保存可能だとか



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

| ニュー速VIP | 00:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

40度の風呂に入っても40度の空気は吸ってないよな

| 以下、名無し | 2009/12/23 02:48 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gogo2chmeguri.blog91.fc2.com/tb.php/544-d830a16f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。