NNT速報

   

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ムスカ大佐には及ばない!!

カダフィって大佐のくせに何であんなに偉そうなの? カダフィって大佐のくせに何であんなに偉そうなの?
1 :カダピィ将軍:02/03/25 00:01 ID:mC/bOMvI
教えてちょーだい



2 : :02/03/25 00:08 ID:Wk3jzqLc
凄ぇぜカダフィは!



3 : :02/03/25 00:09 ID:???
お前のせい



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 00:10 ID:w2tlpNpU
将軍と言われることすら拒んでるな。
でも実際には権力は絶大。



5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 00:13 ID:kf9nWPUe
大佐が苗字だよ



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 00:14 ID:8drfgGYB
ヒットラーはドイツ陸軍の伍長さん。
カクエイサンは無党派でも、キングメイカー。
キシローさんは、有罪でもギイーンさん。



50 :名無しより愛をこめて:02/03/29 14:45 ID:???
>>6に亀レス
ヒトラーは伍長じゃなくて兵長らしい





7 :名無し三等兵:02/03/25 00:54 ID:???
>>1
(;´ー`)y-~~軍人としての地位は大佐でも
       政治的地位は国家元首ってことだろ



8 :頑張れハト派モナカ ◆rqQ7z3WI :02/03/25 01:29 ID:???
カダフィ大佐ご本人の話題同様、
思い出したかのように立てられるカダフィスレ。。。。。。




9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 07:29 ID:qWDK22LN
背景にはリビアの政治思想とか絡んでて、長大なレスになりそう。

だから簡潔レスするとカダフィが階級嫌いだから。
軍事史を紐解くと、ジェネラルは王侯貴族が就任したのが起源。
だから中尉時に革命して王様追っ払った時、四階級特進したが
あえて「将軍」にはならなかった、とこういうこと。
でいいよね。事情通のみなさん。



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 10:47 ID:hXT6+e5m
http://www.peaceboat.org/info/news/2001/011024.html
北アフリカのリビアを訪れている第35回地球一周の船旅の参加者、およそ150名が
リビアの事実上の国家元首にあたるカダフィー大佐に面会した。

ピースボートでも初寄港のリビア・トリポリ港に入港したのは10月24日。
地中海に残るローマ時代最大の遺跡である「レプティスマグナ」を訪れたり、
カダフィーが提唱する「直接民主制」の基本ともいえる人民会議を訪問する
グループがいるなか、首相官邸にあたるリダーズハウスを訪れたメンバーらが
カダフィー大佐に面会、さまざまな質問が参加者からは飛び交い、およそ30分に
わたる面会はにぎやかに終わった。

カダフィー氏は、ピースボート共同代表の吉岡達也(41)の「今回の同時多発テロを
どう思うか」という質問に対し、彼は「サウジアラビア、パレスチナなどに米軍を
はじめとした外国部隊が駐留するかぎり、それはテロリストがテロを起こす言い訳に
なっている。日本に多くの米軍基地があることは、いまだ第二次世界大戦が終わって
いないことと同じだ」と答えた。



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 11:04 ID:???
>>10
>日本に多くの米軍基地があることは、いまだ第二次世界大戦が終わって
>いないことと同じだ」と答えた。

意味がわからん(ワラ



72 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/31 12:29 ID:8mFHtXsE
>>10

ピースボートは反日暴徒



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/25 18:23 ID:Vav6J3qY
カダフィが書いた「緑の書」を昔読んだが、いい本だったよ。



13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/26 12:09 ID:TEVFsd+A
>>12
装丁が?




14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/26 12:48 ID:u/Iug+QF
原爆の理由をきっぱり「人種差別」って言い切った人



15 :どうでもいいけど:02/03/26 21:55 ID:???
「緑の書」の一部らしい

「緑の書」
ムアンマル・アル・カッザーフィ著
女性
http://www2.dokidoki.ne.jp/racket/josei_qaddafi.html


言いたいことは・・・、
女の身体は子を産み育てるようにできており、男はその代用はできない。
子供は母親の手で育てられるのが自然の摂理だ。
そして男は女子供を守り養うのが義務だ。
老若男女の、それぞれの人間が自然の与えた役割を果たさないのは不健全だ。

多分、イスラム教の女性観の典型だな。



16 :枢機郷 ◆wiSZ9y22 :02/03/27 01:45 ID:Z0qK5oRm
1986年西ドイツの米軍関係者が集まるディスコで爆弾テロ事件があり、
 当時のレーガン政権はリビアのカダフィー大佐が犯人と決めて、同大佐の宿舎や空港などを爆撃・破壊。

 少数のF-111爆撃機による超遠距離空爆であり、当時の最先端技術を使った「精密誘導爆弾」で攻撃。
 スマート爆弾がカダフィの寝室の30メートル先に着弾した。

 それ以来カダフィ大佐は「砂漠のライオン」から「砂漠の負け犬」に変貌。
 いまなおアメリカからは「ならず者国家、テロリスト国家」の烙印は押されたまま。
 今は過激な指導者から裕福な国家リビアの温厚な指導者として、長期間の政治指導者として君臨している。
 カダフィ大佐曰く「わが息子は西洋かぶれで困ったものだ」と、良きパパぶりである。



17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 02:29 ID:n0Ve81r/
リビアに大佐以上の位は無いと思ったけど。



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 12:31 ID:p3IAhG1I
カダフィは色々言われてるけどカストロと並んで有能な指導者だな。
フセインみたいに色々付け入られてアメリカに生かさず殺さずに
されて国民を苦しめる結果にはなってないし。



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 16:17 ID:GNjdV2b4
腐敗しきっていた王政を打倒した27歳の青年将校萌え~
命懸けで天下国家の為に戦った英雄を、
「砂漠の負け犬」などと侮辱する事しか出来ない白痴はすっこんでなさいっての。
カダフィこそ、男の中の男だ。多少電波気味だがな。



20 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/03/27 16:40 ID:hkkjL7Ij
カダフィは少佐だろ?いつから大佐になったんだか・・・



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 19:21 ID:ILM50CMI
シャアみたいなもんだな



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 22:14 ID:h/UFkoGC
フィリピン政府とイスラム過激派との仲介交渉を、カダフィはやってたんだよね。
それなりに頑張っていたのに、ブッシュがしゃしゃり出てきたから、
もう、おじゃんになっちゃっただろうな。あの交渉。
面子潰された形の、カダフィ。気の毒。



23 :名無し:02/03/27 22:18 ID:MynBKpA5
リビアの最高位が大佐なんだから良いんじゃないの。




24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 22:27 ID:???
ふと思ったんだが、保有する軍隊の総兵力が10名程度の国があれば、
最高位は「伍長」か「軍曹」くらいにしかならないのだろうか?



25 :どうでもいいけど:02/03/27 22:35 ID:???
>>24
そーでもないかも?
http://www.jade.dti.ne.jp/~shingun/index2.html



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 22:46 ID:???
>>25
カルト集団を引き合いに出されてもなー。
たった一人で「自分は枢機卿である!」
と言う風に宣言してるのと同じじゃん。



27 :どうでもいいけど:02/03/27 22:52 ID:???
それを言い出したら、

>保有する軍隊の総兵力が10名程度の国

総人口何人の国なんだ、これは?
ホントに、そんな軍隊があるとしたら隊長、副隊長、隊員だけですむだろうね。



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 23:00 ID:???
>>27
>隊長、副隊長、隊員

ウルトラ警備隊みたいだな。





29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 23:22 ID:???
語源的には、伍とは5人で組む最少単位を意味するからね。
近代軍隊だと、国によっては配下の人数が8人~12人くらいになったりするけど。
軍曹一名、伍長一名、上等兵2名、一等兵3名、二等兵3名・・・ていう感じ?




29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 23:22 ID:???
語源的には、伍とは5人で組む最少単位を意味するからね。
近代軍隊だと、国によっては配下の人数が8人~12人くらいになったりするけど。
軍曹一名、伍長一名、上等兵2名、一等兵3名、二等兵3名・・・ていう感じ?




30 :カロライン洋子 ◆NchoC3dY :02/03/27 23:52 ID:???
やっぱカダフィだよね..         ああ、そうとも・・
―――v―――――――        ―――v―――――
  ∧_∧                    ∧__∧
  ( ?´∀?`)                  (?.∀ ?. )
  (  つつ                   (      )
  )  ) ヽ                     | | |
 (__)(_)                   (__(__)





31 :名無しさん:02/03/28 10:15 ID:Bq859VWP
実はリビアには将軍もいる。カダフィも頭が上がらないらしい。



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 21:05 ID:JEV0vu24
>>31
な、ばかな



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 21:06 ID:???
>>33
そう思うか?



32 :名無しさん:02/03/28 20:25 ID:bzCEdf+F
エル・アラメインは現在のリビアにあるんでしょうか?



58 :9です:02/03/29 21:12 ID:MvZER9me
俺が「軍事史」なんてことを言い出したからかもしれんが
君らもう兵器だの戦略論はやめてくれ~。軍板でやってくれ~。
ここはカダフィスレなんだから。

>>32
亀レスだけどエル・アラメインはアレクサンドリア西方150キロ位にある。
アレクサンドリアからバスで3時間位って地球の歩き方にあったような…。
当然エジプト領、ビーチリゾート化しつつあるらしいよ。



67 :名無し三等兵:02/03/30 00:55 ID:???
(;´ー`)y-~~ねぇ、煽りでも遊びでもどうでもいいんだけどさ
       >>58に免じてもうそろそろ戦史ネタやめてあげようよ
       と、提案してみるテスト



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 21:17 ID:TH67tb9/
大佐というのは、古代ローマでは職業軍人の最高位にある。
かつて将軍は、政治家などが戦時に任命されるもの。
大佐(カーネル)は、平時から私費で兵の給養をしたり、訓練を行うもので、
いわば軍の根幹をなす存在であった。
各国では、大佐が連隊長を務めているが、連隊はローマでレギオンと言い、
軍の戦闘最大単位を表している。
故に、連隊旗がどの国の軍でも大切にされる所以でもある。(師団旗や旅団旗はない)
また、軍人は大佐まで勤め上げると、退役してからも終身、軍服の着用や勲章の
佩用など特権が認められるほか、他国に赴いた際もカーネルと尊敬される存在。
カダフィは、プロ軍人という自負があるので、あえて将軍よりカーネルに拘っている
と聞いている。
ちなみに、このような軍の常識がない、日本人というのも国際的に問題がある。




39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 22:26 ID:Whl/J67D
>>35
西洋の軍制に詳しくなる必要はあまりないでしょ?
日本には日本の軍制がある。
日本人は潜在的には軍事の天才なわけで独自の価値観を持っている。
まあ指揮官になるべき人は西洋の軍制や軍略を学ばないとならないとは思うけどね。

むしろ問題なのは軍事の重要性を理解していないこと。
危機管理の意識がないのは怖いよね。




41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 22:58 ID:TH67tb9/
>>39
まぁ、ネタだろうが、見ていて本気にする人もいるので、一応マジレス。
西洋の軍制云々という話があるが、幕末以降の日本の軍制は全て西洋のが基本と
なっている。
例えば、幕府はフランスのを、薩長はイギリスのを、明治以降はプロシアのを手本と
している。
また、現在の自衛隊は当然アメリカの軍制をトレースしている。
日本独自の軍制とは、近代軍においては存在していない。
また、日本人が軍事の天才であり、独自の価値観をもっているというのも大きな誤解。
日本は海外遠征軍の経験が乏しく、歴史で確認されているだけでも明治以前は、
白村江、慶長の役と負戦だけ。
日清、日露が勝てたのは、ひとえに英国のバックアップがあったことが最大の勝因。
洋の東西を問わずに、戦史を学ばないものは愚か者である。

ちなみに、軍の編成はここ2000年間に人間が紆余曲折の経験と叡智により、編み出した
エッセンス。
いかに環境が効率化しても、実際に戦うのは生身の人間であることには変わりがない。
したがって、RMAが浸透しても軍の編成には大きな変更がないものと考える。
もっと、よく勉強するように。



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/30 01:24 ID:???
まあ、>>51も気の毒だな。
>>41の言い回しだと絡みたくなるよ。褒められたもんじゃない。
知識使って、スレ荒してるよ。



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 22:12 ID:???
>ふと思ったんだが、保有する軍隊の総兵力が10名程度の国があれば、
>最高位は「伍長」か「軍曹」くらいにしかならないのだろうか

つまり、大佐1名、伍長1名、上等兵2名、一等兵3名、二等兵3名

が正解なのか。



38 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 22:19 ID:uVgyaDQu
ちなみに、KFCのカーネル・サンダースは、1906年ハバナ戦の軍歴はあるが兵のみ。
フライドチキンの業績によりケンタッキー州知事よりカーネルの称号が送られている。



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 22:29 ID:???
余談だが、今後は軍制も、コンピュータかなんかでシミュレーションして、
効率的な編成を模索する時代になるんだろうな。
ていうか、アメリカなんかはやってるんだろうけどさ。



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 23:20 ID:???
過去2000年間は、(揚げ足とれば、戦争の歴史はもっと古いけど。)
コンピュータシミュレーションなんて出来なかったからねえ。



43 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 23:34 ID:TH67tb9/
>>42
あー、現在の軍制の歴史は、マケドニアのフィリップ二世によるファランクスに起源
があるので、2000年間と言ったまで。
戦争の歴史とは、違うので誤解なきよう。
また、シュミレーションはもともと兵棋演習を起源としているもので、これ自体はドイツ
参謀本部時代からすでにシステム化されており、特に目新しいものではない。
軍事におけるブレークスルーとは、技術の進歩より戦略の発想にあることは、これまた
戦史が証明している。
勉強が、足りませんな。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 23:45 ID:???
技術が進歩すれば、戦略も変わるんじゃない?
日本の例で言えば、種子島以前と以後では、明らかに戦略や軍制に変化が見られるし。



45 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 23:54 ID:TH67tb9/
>>44
ご存知の通り、鉄砲は信長だけの専売特許ではなかった。
信長の戦略が良かったので、勝利を得ることができた。
兵器が戦略を作るのではなく、戦略が兵器を使うことの好例。





46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 00:02 ID:???
>>45
それじゃ、WWⅠでのタンクや潜水艦は?



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 21:36 ID:kf1bFKa6
ありゃ、途中で押しちゃったよ

>兵器が戦略を作るのではなく

俺は>>46じゃないけど、いくらなんでもこれは明らかにおかしいだろ。
スレッドで既に出てきているが、MADによる戦略は核兵器が出現しなければ
ありえなかった。
核兵器が、否応無しに新しい戦略を作ってるわけだ。



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 12:28 ID:???
核兵器は?



48 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 14:18 ID:puE7dN5E
あれ、こいつ12時間してもまだ質問君やってるよ。
よく、高校生の世界史教科書には、一次戦の戦況は、戦車、飛行機や潜水艦の
出現により云々との記述があるようだが、これはなにを根拠にしているのだろう。
例えば、戦車は1917年のカンブレー戦で英国が本格的に作戦投入したが、
緒戦の奇襲以外、全てドイツに制圧されてしまい作戦は失敗だった。
また、ドイツはこの直後に対戦車兵器を開発し、結局戦車は戦争の帰趨になんら
寄与することなく、終戦となった。
また、ドイツによる無制限潜水艦攻撃は、アメリカの参戦を誘発してしまい、戦略的
に失敗であったことは、いうまでもない。
新兵器ができれば戦争を制することができるというのは、いわゆる迷信。
教科書も、この観点で書いているので、こんなものを平気で信じる人が多い。



52 :名無し三等兵:02/03/29 17:36 ID:???
>>48>>51
(;´ー`)y-~~新兵器が戦況を変えた事もあるし
       戦略が兵器を発達させた事も当然ある
       戦史においても唯史観論なんてバカげてるよ




54 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 17:59 ID:3bSlIf4l
>>52
唯史観論って、なんだっけ?
解説、キボーン。



55 :名無し三等兵:02/03/29 18:20 ID:???
>>54
(;´ー`)y-~~具体的に例を挙げてみようか?
       例えばコヴァが「日本が戦争をしたのは、アジアを
       開放するためだ」とか「ソ連の侵入を防ぐため」等
       たった一つの理由を挙げてそれを唯一の原因と考える
       事だ。
       だが実際には歴史とは様々な理由が重なってできている。

       戦車においても初めて実戦に参加したのはwwⅠだが
       実際に役に立ったのはwwⅡにおいてだ
       兵器が戦略を出し抜いて登場したとしても
       実践的な物になるまでにはしばらくかかる
       そのタイムラグの間に戦略が上達し兵器の更なる発達を
       うながす
       また、その逆もある。
       はっきり言ってこの議論は「卵が先か鶏が先か」
       みたいなもんだ




56 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 18:38 ID:???
>>55
揚げ足鳥で、スマソ
唯物史観だとか、唯神論だとかは知っていたが、
唯史観論って言葉があるのか?
それに、例に使っているコヴァの理由は、そこでもう一つ以上
になっているが、2,3ぐらいの理由ではダメなのか w)



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 20:08 ID:???
>>51
ちょっと、見ていて>>48氏とレベルがあまりにも違うので、気の毒に。
各論と総論て言ってるが、だいたいあなたが、種子島はとかタンクは
とか、核はとかを質問したから、>>48氏はそれに答えただけだよ。
あと、屁理屈と言ってるが、かなり具体的で論理的だと思うぞ。
あなたの方が、自分の結論に合わせようと、強引かつ不勉強かと。



49 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 14:18 ID:puE7dN5E
核については、おおきく二つの戦略がある。
当初の広島、長崎への投下は、従来の戦略爆撃の延長線上にあり、これは戦略の
変更はない。
問題は、ケネディの国防長官であったマクラマナが60年代に唱えた、相互確証破壊
戦略(MAD)だ。
アメリカは、核の奇襲攻撃を受けても、生き残った第ニ撃能力で相手に堪え難い打
撃を与えることができれば、結局相互に戦争を決意することが困難となり、抑止力と
なるというもの。
したがって、純理論的にはABMは、この抑止力を破壊するものであるとして、米ソ
で互いに制限を掛けていた。
これは、かのキッシンジャーをして、「安全でなことが平和を守り、安全であることが
戦争に導くという前代未聞の理論」と言わしめた所以。
マクラマナ時代は、アメリカも核攻撃戦略を中核とした軍の編成、装備に切換えたの
は事実。
しかし、ベトナム戦では、それらがいかに無力であったかを露呈してしまった。
結局この後から、通常兵力の増強を図り、湾岸戦、アフガン戦へと繋がるのを見れば、
核が戦略にバラダイムシフトを与えてはいるが、結果としては大きなファクターを占め
るものではないことが理解できるだろう。



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 15:40 ID:???
何だか12時間経っても、各論で総論を摩り替えてるような論法が続くんだな。
機関銃の登場に伴い騎兵が主役の座を蹴落とされ、歩兵の主要な仕事は塹壕掘りとなった。
だがそれも、近代戦車の出現に伴い塹壕戦での膠着状態は終わったんだろ?
核兵器に関する戦略に至っては、冷戦時においてあくまで最も重要なポイントであり続けた。
戦場で投入されたか否かに関わらずにね。
君は戦術と戦略の混同と言う、初歩的な過ちを犯しているだけに過ぎない。
屁理屈をひけらかさずに、問題の本質を直視しなよ。
明らかに、新兵器の出現によって戦略が変貌しているんじゃないか。
不勉強にも程があるぞ。



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 15:40 ID:???
何だか12時間経っても、各論で総論を摩り替えてるような論法が続くんだな。
機関銃の登場に伴い騎兵が主役の座を蹴落とされ、歩兵の主要な仕事は塹壕掘りとなった。
だがそれも、近代戦車の出現に伴い塹壕戦での膠着状態は終わったんだろ?
核兵器に関する戦略に至っては、冷戦時においてあくまで最も重要なポイントであり続けた。
戦場で投入されたか否かに関わらずにね。
君は戦術と戦略の混同と言う、初歩的な過ちを犯しているだけに過ぎない。
屁理屈をひけらかさずに、問題の本質を直視しなよ。
明らかに、新兵器の出現によって戦略が変貌しているんじゃないか。
不勉強にも程があるぞ。



65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 22:56 ID:puE7dN5E
>>61
ちゃんと、レス読めよ。
ここではだれも、MADが核兵器による新しい戦略ではないと、いってないよ。
自分としては、>>53での回答がぜひ知りたいけど。
>>51に知識があるとは、到底思えないよ。



66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 23:08 ID:???
>>65
まだ自分が遊ばれただけだと気づかないなんて・・・
その夜郎自大さで相手の力量を読み誤るあたりは、
戦前の軍人と同じ轍を踏んでるね。
君の場合「お勉強」も良いけど、少し世間に揉まれてみれば?



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 17:52 ID:puE7dN5E
まー、にわか勉強してきたようなので、その努力には敬意を表する。
いつまでも、何々は?の質問ばかりではアホらしいでしょ?
ただ、やはり教科書的な視点でしか論述できておらず、戦史上の誤りがあるので以下。

1)戦車は、塹壕戦の膠着を打破するために開発され、連合軍は1918年暮れに大
規模な戦車軍による突破攻撃を企図したが、決定的な役割を果たす前に、ドイツは継
戦する国力を失って、敗戦となったので、結局は実証されていないのが事実。
実は、英国にとって塹壕戦に戦車は有効でなかったことに非常な挫折感があり、
戦後の戦車開発と運用は迷走を始めるが、本論ではないので詳述はしない。
いずれにせよ、戦車の出現が塹壕戦を終結させたりした史実は、ない。

2)オイラは、MADが戦略にパラダイムシフトを与え、軍の編成、装備への影響が
あったことを認めているが、何か。
戦略上、「最も重要なポイントであり続けた」と述べているが、なにを根拠にしている
のか、なぜそう言えるのか、について聞きたい。

3)戦略と戦術の混同云々とあるが、おそらくネタなんだろうけど、一応聞いちゃおう。
なにが戦略であり、戦術であるのか。
また、オイラの言説でどのあたりが混同し、本質を直視していないのか、について
聞きたい。
また、新兵器の出現によって、戦略がどう変貌したかを具体的に聞きたい。
じゃあ、宿題頑張ってねー





59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 21:23 ID:???
いや、51はもともと知識はあるけどからかっただけだろ。
したり顔で専門用語を並べて「兵器が戦略をつくるのではなく~」なんて電波を飛ばすオタをおちょくってるんだよ。



60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 21:31 ID:kf1bFKa6
兵器が戦略を作るのではなく



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 21:45 ID:RfeuzpO3
ここでも厨房が釣られてるねえ。(w
戦略、戦術を云々するなら、相手を過小評価する事の危険ぐらい承知してなきゃだわさ。
「能ある鷹は爪隠す」だね。




71 : :02/03/31 01:36 ID:s9sjC1mu
>>62
能ない鷹は爪も無い



63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/29 21:56 ID:kf1bFKa6
人民解放軍は湾岸戦争でアメリカが一方的な大勝利をしたのを見て、
ハイテク局地戦重視へと軍事戦略を変えた。
ハイテクが無ければ国が滅ぶということを学んだ中国は、軍事戦略どころか、
国家戦略まで軌道修正した。
新兵器の出現が、戦略を変えた好例。




64 :異邦人さん:02/03/29 22:37 ID:???
国王、首相、将軍連中が全員あぼーんされたから。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/31 00:19 ID:kwWcau/O
いくら人並み以上の知識があっても、電波は電波だしね。
論理的思考がなってないから、知識を武器として使ってない相手にさえ軽くひねられちゃうという訳だ。





70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/31 01:01 ID:???
電波同士のケンカは止めて、まじレス始めましょう。



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/06 00:30 ID:hGe+wxAA
兵隊さんを直接掌握できるのは大佐さんくらいまでだな。
クーデター起こすには手ごろな階級だね!



76 :地蔵菩薩:02/07/04 00:19 ID:eoyaxSQo
それを言い出したら、
保有する軍隊の総兵力が10名程度の国
総人口何人の国なんだ、これは?
ホントに、そんな軍隊があるとしたら隊長、副隊長、隊員だけですむだろうね。
ウルトラ警備隊みたいにな。




83 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/05 15:19 ID:UqwIyDli
>>76 十名はさすがに無い。もっとも、リヒテンシュタインは現在は国軍を
持っていないけど、廃止された年には定年の兵士一人だけだったらしい。
トンガ王国軍は沿岸警備隊みたいな組織も入れて、たしか100人程度だった
はず。



77 :カダフィ1等陸佐:02/07/04 01:59 ID:QANI8qZ1
いいかげん将補になっても良い頃だよなー。



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/04 11:36 ID:F2xdbdtI
 リビア軍の軍団長の階級が知りたい。最高指導者であるカダフィ
の階級が大佐である以上まさか階級がカダフィより上ってことはない
と思うから(普通、軍団長or軍管区司令の階級は中将・少将クラス
だったはず)、せいぜい中佐ないし少佐あたりになるんだろうか。




79 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/04 14:40 ID:iZcndn2t
>>1


リビアには大佐以上の階級ってあったっけ?



81 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/04 15:42 ID:6gYZt0k/
各国現勢2001/06/20・社会主義人民リビア・アラブ国
http://www.kyodo.co.jp/sekainenkan/2001/3/003_c/c019.htm
軍事
兵役1年または2年の選抜徴兵制。総兵力は推定7万6000人。
このほか予備役「人民防衛軍」が約4万人。2000年国防予算は推定で12億ドル。
2000年1月、英税関当局は台湾からリビアに密輸される途中の中距離弾道ミサイル(IRBM)、
スカッドの部品を押収したことを確認。
【陸 軍】
4万5000人。戦車大隊10、砲兵大隊22、歩兵大隊21、機械化歩兵大隊8、
空てい大隊15など。装備はT72、T62など戦車2210両、装甲車990両、
スカッドB地対地ミサイル80基など。
【海 軍】 
沿岸警備隊を含め8000人。潜水艦4、フリゲート艦2、ミサイル艇13など。
【空 軍】 
地対空ミサイル部隊の防空司令部も含め2万3000人。
ミグ23が130、ミラージュ5が44、スホイ24が12など作戦機420、武装ヘリ52。



82 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/04 17:31 ID:755UJH4z
>>1
今のところ国家元首だから。



84 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/11 12:33 ID:61dzf+PP
確か、クーデターの時の階級が大佐で、国家から頂戴した最後の階級でも
あるということで今でも大佐を名乗っているだけ、と本人から聞いた。
ちなみに、リビアには将軍は存在しない。




85 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/11 16:03 ID:ZRCaLQdV
どうせなら皇帝を名乗ればいいのにねぇ。



87 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/17 17:36 ID:6jc0gb+0
>>85 中央アフリカ共和国のボカサですな。
ネタじゃなくて本当に。国名も中央アフリカ帝国になったんです。



89 :タイ国某紙東京通信員:02/07/17 21:35 ID:jviBqnfb
ちなみにタイ王国の現首相、タクシンはタイ国内で形式張って呼ぶときは
「タクシン・シナワット 警察中佐」だよ。 

ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/thailand/cv/r_shinawat.html



90 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:09 ID:7DBtmtli
かの国の事実上国家君主が、実戦の経験もないのに
「百戦百勝の最高司令官大元帥様」と呼ばれるのと大違いだな。



91 :大佐:02/07/28 16:37 ID:l/f7RJoi
SOL・・・を使おう・・・



91 :大佐:02/07/28 16:37 ID:l/f7RJoi
SOL・・・を使おう・・・



92 : :02/07/28 16:40 ID:nSSkvaKp
パジャマ党のメンバーは萩本欽一を“大将”と呼んでいた。
風見しんごを“風見大佐”と呼べばいいのに・・・なんて思ってた。



93 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/09 07:29 ID:WBL4v5IC
海軍出身だったら、
カダフィ大佐=キャプテン・カダフィ=カダフィ主将ってなったのに。



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/10 03:23 ID:Np4l/zeS
書記長が元首だった国もあったな



95 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/10 09:10 ID:FXq53nVf
>>94
えっとあれは中南米の国だった気がする



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/15 02:48 ID:P5bkcgcY
班長でも国家元首になれる時代ももうそこ。



98 :鉄腕アトム殺し(=死神さん) ◆kNVwyVY6 :02/09/15 02:51 ID:akliwPSW
本人が’’ヤル気,,なのでこの板はしばらく荒れます。
国際情勢板をここまで潰した鉄腕アトムの罪は計り知れないほど、大きい。

189 :鉄腕アトム ◆rTh0HxaQ :02/09/10 01:53 ID:Us5S2MT4
死神のヘタレへ
国籍がヘタレ中国籍なのか?
さぞかし日本の国籍がほしいだろうね。
不法中国人さん、今、警察の監視厳しいよ
荒しをするより、自分の頭のハエでもおえば(藁
中国がウザイんだよ、何かといえば日本から援助した
貰っているのに、靖国がどうの慰安婦がどうの南京豆が
どうのこうのと。乞食は乞食らしく振舞うのが分相応なんだよ。







99 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/15 06:16 ID:r87LOG3Z
尊敬するナセルの最高位が大佐だったから、
それを真似てるだけじゃないの。

ナセルが生きてる時は、本気で
アラブ統一のために、
リビアをアラブ連合(エジプト、シリア)に、
加えるつもりだったらしいし。

それと今でもカダフィは大佐を名乗ってたかな?
未確認。



100 : :02/09/16 10:31 ID:B5lfUsWp
パタリロも王位継承した初期の陛下と呼ばれていたが、
その後殿下(呼び名のみ?)に戻した。

カダフィも大佐時代が長く、慣れた呼び名で呼ばれたい
だけでは。と考える。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

元スレ:ttp://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1016982113/

| 2ch未分類スレ | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gogo2chmeguri.blog91.fc2.com/tb.php/72-f8b1c624

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。